ビューラー(株)

住所 〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-22-11
TEL 045-477-3000
FAX 045-477-3030
URL http://www.buhlergroup.com
E-mail buhler.japan@buhlergroup.com
設立年 1974年
代表取締役 前田 光民
  最終更新日:2019年03月08日

企業PR

毎日、世界中の数十億の人々が、食品やモビリティの基本的ニーズを満たすためにビューラーのプロセス技術に接しています。私たちはより良い世界の実現に向け、持続可能性、健康、安全性、そしてエネルギー効率を重視したイノベーションの開発に取り組んでいます。

私たちは、ダイカストや湿式粉砕、薄膜技術のソリューションプロバイダーとして、自動車や精密光学機器、眼鏡用レンズ、エレクトロニクス、塗料、包装、インキなどの大量生産アプリケーション分野に貢献しています。

また、小麦、トウモロコシ、米、パスタ、シリアル食品、豆類の世界的な生産と加工におけるリーディングカンパニーとして、安全で健康的な食品や飼料を生産するためのソリューションやデジタル技術を提供しています。製菓分野では、原料となるカカオ豆の加工から、チョコレートや焼き菓子にいたる多様な製菓設備やソリューションをシングルソースでご提供しています。

ビューラー(株) 取り扱い製品

ライボルトオプティクス IBS装置

ライボルトオプティクス IBS装置

イオンビームスパッターリング装置の製造を開始しました。
ドイツ研究機関からの強い要望によりIBS(イオンビームスパッターリング)装置の製造を開始し、2018年より日本の光学市場にもご紹介できることになりました。

LO IBS 1400/1600 (諸元表)
高出力RFソース, 3グリッド 220mm 搭載
最大基板サイズ:400/600mm径、もしくは4x350mm径(自公転)
3 ターゲット (メタル/誘電体材料)
膜厚測定:OMS5100 もしくは時間制御 (ブロードバンドモニターリングはオプション)
基板用ロードロックシステムはオプション

資料請求する

イオンビーム描画(IBF)装置(OPTEG)

イオンビーム描画(IBF)装置(OPTEG)

ビューラーはこのたび、グループ会社 Bühler Alzenau GmbH(本社:ドイツ・アルツェナウ)を通じて、ドイツの光学測定機器メーカー、OPTEG GmbH(本社:ドイツ・ライプツィヒ、以下OPTEG社)を傘下に収めました。
グループ会社であるBühler Alzenauは光学用成膜装置事業を手掛けており、OPTEG社より長年、真空成膜装置の主要部品である光学測定システム(Optical Monitoring Measurement System: OMS)の供給を受けています。OPTEG社はまた、精密レンズの表面研磨装置(Ion Beam Figuring: IBF)の開発・製造も手掛け、日本をふくめ世界で多数の販売実績を有しています。

資料請求する

光学薄膜製造用スパッタリング装置 ヘリオスシリーズ

光学薄膜製造用スパッタリング装置 ヘリオスシリーズ

精密光学薄膜用のスパッタリング装置です。特に低吸収・低分散が求められる多層膜の製造に適しており、ダイレクトモニタリング方式による高精度な制御が可能。200層以上および20μ厚の多層フィルターも作成することができます。

資料請求する

光学薄膜製造用蒸着装置 サイラスプロシリーズ

光学薄膜製造用蒸着装置 サイラスプロシリーズ

高精度な光学コーティングを実現する真空薄膜製造装置です。内径710mm〜2810mmまで、様々な真空チャンバーサイズをご用意。豊富なプロセスノウハウを基に、お客様の多様なニーズに対応いたします。

資料請求する

DLC製造装置 DLC600

DLC製造装置 DLC600

光学薄膜コーティング用に開発されたDLC(ダイヤモンドライクカーボン)膜製造装置です。GeやSiその他の基盤に、PECVD技術で膜厚をモニタリングしながら、赤外波長域でAR膜を成膜します。

資料請求する

大型天体観測用反射ミラー製造装置 デイモス5500

大型天体観測用反射ミラー製造装置 デイモス5500

天体観測用大型反射ミラー製造装置です。
基盤サイズ最大4.5mの大型スパッタリング装
置で、高耐久かつ増反射の銀ミラーまたはア
ルミミラーの成膜が可能です。

資料請求する

ページの先頭へ